PROFILE

玉城ティナ

1997年10月8日沖縄生まれ。
講談社主催の「ミスiD2013」で初代グランプリに輝き、14歳で講談社「ViVi」の 最年少専属モデルとなる。

2014年、TBSドラマNEO「ダークシステム恋の王座決定 戦」(犬童一心監督)のヒロインで女優デビュー。
2015年、SABU監督「天の茶助」で主演の茶助(松山ケンイチ氏)の妹・茶子役でスクリーンデビューを飾る。
以降、話題作に次々と出演。
2019年、『惡の華』(井口昇監督)、『Diner~ダイナー』(蜷川実花監督)での演技が評価され、第44回報知映画賞新人賞受賞。
2021年、24歳の誕生日にデビュー10周年記念写真集『世界』(小学館©mika ninagawa )が発売。WOWOW アクターズショートフィルム2では自ら脚本を書き初の映画監督に挑戦。
2022年は、1月スタートのテレビ東京ドラマ25「鉄オタ道子、2万キロ」で主演を務めるほか、4月29日公開の映画『xxxHOLiC』(蜷川実花監督)他、出演作が多数予定。